飲食店、飲食業経営における悩み・集客方法、問題の解決方法、ノウハウが満載のサイト!売上改善、メニュー作成、原価管理の手法などが分かります

 

 
 
 
 
 
セミナー情報
11/29(水)開催:「飲食店多店舗化セミナー」受講生募集中!

 

質問内容

料理は美味しいとの評判なのですが・・・・

  「料理は美味しい」と非常に評判がいいのですが、思ったように売上が伸びません。飲食店はやはり「味」が最も大事だと思うので、その要素が整っているのに、どうして当店は売上が伸び悩んでいるのでしょうか?

   

 

中西先生の答え

  単に「美味しい」だけでは、「売れない」こともありますよ!

飲食店は、様々な機能を持ち合わせた空間ではありますが、やはりメインとなる機能は、
「食べる場所」ということになります。ですから、「料理」が「不味い」とどうしても売れない可能性が
高くなります。ただし、これが飲食店経営の難しいところでもあるのですが、「単に美味しい」だけでも、「売れる」とは限らないのです。

例えば、30代以上のサラリーマン層をメインターゲットにしているお店で、「魚」を主体とした居酒屋を
やっているとしましょう。このお店で、いくら美味しいマグロを使って、「マグロのカルパッチョ」のような
創作系の料理を提供しても、お客様は喜ばないのです。

なぜなら、メインターゲットが「30代以上のサラリーマン」ですから、凝った創作系の料理がたとえそれが非常に美味しくても、彼らは、普通に食べて美味しい「マグロの刺身」の方を喜ぶのです。

 

そうなるとお客様からすると、「あのお店は美味しいらしいけど、自分達の食べたい商品がない」と感じ
させてしまうのです。

つまり、料理がいくら美味しくともターゲットが求めていないものであれば、あるいは、ターゲットの
ニーズを満たす商品を提供できていなければ、その店には2度と行こうと思わないのです。

ですから、店舗コンセプトが大事になってくるわけで、その中でも得に 「ターゲット」と「利用動機」を
絶えず意識して商品を作ることがとても重要になってくるのです。

自分では美味しいと思っている商品であっても、また、アルバイトが美味しいという商品であっても、
ターゲットの求めているものでなければ、それは「美味しい商品」にはならないのです。商品開発ばかりに目がいってしまうと、どうしても本来の自分達が目指している店舗コンセプトから、ずれてしまう可能
性が高くなります。それが売上低迷を引き起こす大きな要因になります。

このようなことを引き起こさないようにするためにも、絶えず、自店の店舗コンセプト、特にターゲットを
意識して商品を作るようにしましょう。

  

 

 

無料小冊子進呈中!  

 各種教材好評発売中!

飲食店マニュアルの作り方 店舗指導マニュアル

当社は10店舗未満の飲食店経営のご支援を専門に行っています!

  

飲食店新規開業/新規参入/FC加盟/独立開業/飲食業新規出店/飲食業新規参入/飲食店 教育・研修/フードビジネス 店長教育/外食産業 店長教育/飲食店接客サービス改善/焼肉コンサルティング/居酒屋コンサルティング/ラーメンコンサルティング/焼き鳥コンサルティング/カフェコンサルティング/うどんコンサルティング/そばコンサルティング/レストランコンサル/焼肉/ラーメン/居酒屋/寿司(すし)/レストラン/洋食/和食/中華/イタリアン/フレンチ/日本料理/とんかつ/ダイニング/そば/焼き鳥・串焼き・鳥料理/カレー/バー・お酒/天ぷら/うどん/カフェ/喫茶/ホルモン・焼きとん/パン・スイーツ/北海道飲食コンサルティング/東京飲食店コンサルティング/神奈川飲食店コンサルティング/千葉飲食店コンサルティング/埼玉飲食店コンサルティング/仙台飲食店コンサルティング/大阪飲食店コンサルティング/名古屋飲食店コンサルティング/福岡飲食店コンサルティング/岡山飲食店コンサルティング/広島飲食店コンサルティング 

 

 
 
ホームページ作成方法