飲食店、飲食業経営における悩み・集客方法、問題の解決方法、ノウハウが満載のサイト!売上改善、メニュー作成、原価管理の手法などが分かります

 

 
 
 
 
 
セミナー情報
11/29(水)開催:「飲食店多店舗化セミナー」受講生募集中!

 

質問内容

郊外居酒屋の売上対策はどうすればいいのでしょう?

郊外で居酒屋を経営しております。飲酒運転の罰則強化もあり売上が低迷しております。何かいい打開策はないでしょうか?
 

 

中西先生の答え

売上が下がるとは、客数が減ったということ!
「売上が下がった」ということは、今まで来ていたお客様が「来なくなった」ということ。
では、その前に「郊外の居酒屋を利用する利用動機」は、お店によって違いますが、一般的にどんなことが考えら
れるでしょうか? 
   ・仲間でお酒を飲む
   ・恋人と食事をする
   ・会社帰りに同僚とお酒を飲みながら食事を楽しむ
   ・近所の仲間との会合
   ・主婦の集まり
   ・家族での食事
   ・会社での宴会(歓送迎会、忘年会など)
などが考えられ、郊外の居酒屋の場合は、様々な動機をもった方が利用する店になっているはずです。これが、
郊外居酒屋が成功するひとつの秘訣でもありました。
  
ここ数年は、飲酒運転の取締りが厳しくなってきましたから、居酒屋を単純にお酒を飲むことだけを目的に利用す
る人の層は確実に減っているはずです。
  
そのため、居酒屋は「食事性」を強くする戦略をとり、「お酒を飲む場所」から「食事をする場所」に転換できた店、
企業は生き残ってきたのです。
しかし、その取締りがさらに一層強まったことにより、心理的そして経済的に「居酒屋」を敬遠する人が増えてきた
ため、これが売上低下に繋がっていると考えられるでしょう。
 

では、どうやってこの状況を打開すればいいのかということですが、対策は2つ考えられます。
  
1:「お酒を飲む人」の経済的な負担を店側がカバーし、その人たちを再度呼び戻す。
    ●具体的には代行代金やタクシー代金を、例えば1万円以上利用した人には、お店側が負担したり、送迎
バスでお店側が送迎を行うなどが考えられるでしょう。
  
2:「お酒を飲む人」はもう諦め、違う客層、違う利用動機の人を集客する。
    ●具体的には、食事性の強いメニューを増やしたり、例えば、和食系の居酒屋であれば「すし」をメニュー
に取り入れたり、などでファミリー層などの集客を図ることが考えられます。
 
この2つの戦略のどちらかを自店の内容と照らし合わせ、選択することが望ましいでしょう。

「売上が下がる」ということは、客数が減ったということです。
であるならば、どの客層が最も減ったのかをあぶり出し、その減った客層を再度呼び戻すか、もしくは「他の客
層」を集客することで、減った分の客層を補うかを考えるしかありません。
これを自店のメニューや働くスタッフの能力などを加味しながら、どちらを選択するかを決めるといいでしょう。 


「売上が下がった、どうしよう」と騒いでいるだけでは、売上は回復しません。冷静に上記のような点を考え、具体
的な対策を打つようにしましょう。そうすれば、必ず売上は回復しますから・・・。


 

無料小冊子進呈中!  

 各種教材好評発売中!

飲食店マニュアルの作り方 店舗指導マニュアル

当社は10店舗未満の飲食店経営のご支援を専門に行っています!

  

飲食店新規開業/新規参入/FC加盟/独立開業/飲食業新規出店/飲食業新規参入/飲食店 教育・研修/フードビジネス 店長教育/外食産業 店長教育/飲食店接客サービス改善/焼肉コンサルティング/居酒屋コンサルティング/ラーメンコンサルティング/焼き鳥コンサルティング/カフェコンサルティング/うどんコンサルティング/そばコンサルティング/レストランコンサル/焼肉/ラーメン/居酒屋/寿司(すし)/レストラン/洋食/和食/中華/イタリアン/フレンチ/日本料理/とんかつ/ダイニング/そば/焼き鳥・串焼き・鳥料理/カレー/バー・お酒/天ぷら/うどん/カフェ/喫茶/ホルモン・焼きとん/パン・スイーツ/北海道飲食コンサルティング/東京飲食店コンサルティング/神奈川飲食店コンサルティング/千葉飲食店コンサルティング/埼玉飲食店コンサルティング/仙台飲食店コンサルティング/大阪飲食店コンサルティング/名古屋飲食店コンサルティング/福岡飲食店コンサルティング/岡山飲食店コンサルティング/広島飲食店コンサルティング 

 

 
 
ホームページ作成方法