飲食店、飲食業経営における悩み・集客方法、問題の解決方法、ノウハウが満載のサイト!売上改善、メニュー作成、原価管理の手法などが分かります

 

 
 
 
 
 
セミナー情報
2018.1/29,30開催 飲食店プロ店長育成研修受講生募集中!

 

質問内容

売上Upのための、メニュー構成の考え方を教えてください

 売上が低迷しているのですが、どんなメニュー改善を行えばいいのでしょうか?  

 

中西先生の答え

利用動機を深めれば、新たな客層の開拓に繋がる!

売上が下がるということは、当然ながら客数が減っているということ。売上を上げるためには、既存客層の集客をはかるか新規(これまでとは違った)客層の集客をはかるかのどちらかを考えなければなりません。
客層というと、通常は年齢、20代とか30代とか、または男性、女性などと大きく捉える事が多いことでしょう。

しかし、視点を変えて、「利用動機」という視点で考えれば、たとえば「女性だけの飲み会」という発想がでてきます。当然、これまでも20代、30代の女性も当然店を利用していたはずです。それを「女性だけの飲み会」という利用動機を新たにつくりだせば、新たな客層の開拓に繋がります。

売上対策を考える場合、常に「どんな客層」を集客しようかと考えるはずです。しかし、自店のコンセプト、つまり自店の本来のターゲット層と違った客層を集客しようとすれば、コンセプトはズレます。

コンセプトがズレるというのは、本来の客層以外の集客のために、新たなメニューを追加したりするわけですが、これが、余計に「何の店?」とお客様を迷わせることになり、どんどん店の特徴を消すことに繋がるわけです。

しかし、本来の客層の中で、新しい「利用動機」をつくりだすということを考えれば、店のコンセプトはズレることなく、つまり、今までとちょっと視点を変えた利用をしてもらうだけですから、これまでと全く違ったメニューなどを追加することなく、つまり、自店の特徴を消すことなく、新たな客層を集客することに繋がるのです。

同じような考え方で、どんどん新たな客層(利用)を集客しているチェーンに、マクドナルドがあります。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、今、期間限定で朝の限られた時間帯のみ「コーヒーの無料サービス」を実施しています。これはこれまでマクドナルドを利用していなかった層、例えば、「ハンバーガーはあまり食べない人」の集客を図ろうとしているわけです。これは、「待ち合わせの場所として」や「ちょっと休憩したいとき」など、新たな利用動機をつくりだすことで、既存の客層以外の集客を図ることで売上UPを図ろうとしているのです。

売上対策の際に考えるべき重要な点は、コンセプトの中でどう客層を広げるかということです。元々のコンセプトからズレた客層の集客を図ろうとすると、かえって売上低迷を招くことになります。

ですから、自店のコンセプト、自店の特徴を十分踏まえたうえで、売上対策を考えることが必要なのです。 
そのためにも、「利用動機」という視点から、店を見直せば自店のコンセプトからズレていない集客対策、売上対策を考えることが可能になるでしょう。

もし、集客で悩んでいる方がいらっしゃるようでしたら、自店の「利用動機」をもう少し掘り下げて考えてみてください。

 

 

無料小冊子進呈中!  

 各種教材好評発売中!

飲食店マニュアルの作り方 店舗指導マニュアル

当社は10店舗未満の飲食店経営のご支援を専門に行っています!

  

飲食店新規開業/新規参入/FC加盟/独立開業/飲食業新規出店/飲食業新規参入/飲食店 教育・研修/フードビジネス 店長教育/外食産業 店長教育/飲食店接客サービス改善/焼肉コンサルティング/居酒屋コンサルティング/ラーメンコンサルティング/焼き鳥コンサルティング/カフェコンサルティング/うどんコンサルティング/そばコンサルティング/レストランコンサル/焼肉/ラーメン/居酒屋/寿司(すし)/レストラン/洋食/和食/中華/イタリアン/フレンチ/日本料理/とんかつ/ダイニング/そば/焼き鳥・串焼き・鳥料理/カレー/バー・お酒/天ぷら/うどん/カフェ/喫茶/ホルモン・焼きとん/パン・スイーツ/北海道飲食コンサルティング/東京飲食店コンサルティング/神奈川飲食店コンサルティング/千葉飲食店コンサルティング/埼玉飲食店コンサルティング/仙台飲食店コンサルティング/大阪飲食店コンサルティング/名古屋飲食店コンサルティング/福岡飲食店コンサルティング/岡山飲食店コンサルティング/広島飲食店コンサルティング 

 

 
 
ホームページ作成方法