飲食店、飲食業経営における悩み・集客方法、問題の解決方法、ノウハウが満載のサイト!売上改善、メニュー作成、原価管理の手法などが分かります

 

 
 
 
 
 
セミナー情報
2018.1/29,30開催 飲食店プロ店長育成研修受講生募集中!

 

質問内容

「数字で考えろ」とはどういう意味?

「数字で考えろ」とよく言われますが、数字でなぜ考える必要があるのでしょうか?
 

 

中西先生の答え

行動を具体化させるために、数字を活用しよう!

  私のクライアントさんに対しても、今回の質問のように「数字で考えよう」ということを口が酸っぱくするほど言っ
 ています。
 では、なぜ「数字」で考える必要があるのでしょうか?

 結論からいうと、「行動が具体化」するからです。
 例えば、
  ・客単価をあともう少し上げろ!
  ・原価を下げろ!
  ・人件費を下げろ!
 と言うのと、
  ・客単価をあと、100円上げよう!
  ・原価率、特に食材の原価率を2%下げるようにしよう!
  ・人件費をあと、1%下げよう!
 というのでは、行動が全く変わってきます。
 
 単に、「客単価を上げろ」というだけでは、指示を出された方も、「どの程度上げる必要があるのだろう?」と疑問
 に思ったまま、行動が具体化せず、結局「何も行動しない」から何も変わらないのです。
 
 しかしながら、「客単価をあと100円上げろ」と指示がでれば、「どの程度」が明確になりますし、また100円と具体
 的な数値がでていますから、居酒屋などの場合を考えれば、4人のお客様がいれば、そのテーブルにこれまで
 よりも声掛けをするようにして、400円のデザートをそれまでよりも1品多く注文していただくことで、客単価が100
 円上がるというのが分かります。
 
 そうなれば、「デザートのおすすめを強化することで100円の客単価UPを目指す」ことが目標となり、そのため
 に、アルバイトにおすすめの仕方を再度教育したり、また、テーブルへの巡回頻度をあげるよう徹底したり、ある
 いはお客様が頼みたくなるようなデザートの開発をしようと、それぞれのポジションの行動がどんどんと具体化
 するようになってくるわけです。
 
 「売上があがる店」というのは、行動を具体的に実践しているお店です。つまり、毎日何か「行動」を起こしている
 のです。だからこそ、結果がでるのです。
 
 一方、「売上が上がらない店」というのは、極端な話、「何もしていない店」なのです。その原因の多くは、トップ
 の指示が具体的でない場合がほとんどです。
 また、単に「客単価をあげろ」というよりも、「客単価を100円あげろ」と言う方が、トップの「本気度」も伝わります。
 
 さて、皆さんは単に「売上をあげろ」とか「客数をのばせ」と数具体的な数字を使わないで指示を出していません
 か?それでは、何も変わりませんからね。

無料小冊子進呈中!  

 各種教材好評発売中!

飲食店マニュアルの作り方 店舗指導マニュアル

当社は10店舗未満の飲食店経営のご支援を専門に行っています!

  

飲食店新規開業/新規参入/FC加盟/独立開業/飲食業新規出店/飲食業新規参入/飲食店 教育・研修/フードビジネス 店長教育/外食産業 店長教育/飲食店接客サービス改善/焼肉コンサルティング/居酒屋コンサルティング/ラーメンコンサルティング/焼き鳥コンサルティング/カフェコンサルティング/うどんコンサルティング/そばコンサルティング/レストランコンサル/焼肉/ラーメン/居酒屋/寿司(すし)/レストラン/洋食/和食/中華/イタリアン/フレンチ/日本料理/とんかつ/ダイニング/そば/焼き鳥・串焼き・鳥料理/カレー/バー・お酒/天ぷら/うどん/カフェ/喫茶/ホルモン・焼きとん/パン・スイーツ/北海道飲食コンサルティング/東京飲食店コンサルティング/神奈川飲食店コンサルティング/千葉飲食店コンサルティング/埼玉飲食店コンサルティング/仙台飲食店コンサルティング/大阪飲食店コンサルティング/名古屋飲食店コンサルティング/福岡飲食店コンサルティング/岡山飲食店コンサルティング/広島飲食店コンサルティング 

 

 
 
ホームページ作成方法